未経験でマレーシアで働けるか

malaysia08
マレーシアで働くには現地採用と駐在員という形態によって働き方が異なります。

多くの場合、一般企業で働く場合には、業務経験がある方が有利なのは事実です。

特に駐在員の場合には、現地社員の統率をする役割ももっているので業務経験が必須となります。

しかし、職種によっては未経験者OKの条件で求人をしている企業もあります。

英語と日本語が堪能であればコールセンターでの業務が見つかるかもしれません。ダメ元で人材紹介会社に登録しておいて連絡を待つスタイルで期待してみましょう。

とはいえ、新卒で採用される確率はあまり高くないので、一度は日本で就職をして働いてみるのも良いと思います。

就労経験が無い人は日本での就職が優先

就労経験がない理由として考えられることは、新卒である、畑違いの業種で働いていた、などの理由が考えられます。

いずれのケースも就労経験が無い人は日本での就職が優先事項といえますので、どこかの企業に所属して社会経験を積むとよいでしょう。

その際、日本の企業でもマレーシアに拠点を持っている会社を選べば駐在員として異動できる可能性もあります。

それまではスキルアップをしながら任された仕事を粛々とこなすことです。

スキルアップは担当業務に関してだけではなく、ネイティブ並みの英語力を身につけておくと有利になります。

仕事は会社で働いていれば自ずと実力や経験が身につきますが、英語力に関しては自分で努力することが必要です。

そして、グローバルな考え方ができ、どこにでも順応できるコツを身につけておくと更に働きやすくなります。

まずは観光で一度マレーシアを訪れよう

就労経験がなく、マレーシアで働きたいという希望があるのなら、まずは観光で一度マレーシアを訪れてみるとよいでしょう。

情報としてマレーシアは良い国だと知っていても、実際に来てみることで、あこがれの国の良さを実感できます。

知識ばかりを詰め込んでも、体験が不足していれば現地で働くことになったとしても十分な実力を発揮できません。

マレーシアは赤道近くの熱帯地区にある多民族国家です。マレー語、英語、中国語など複数の言語が飛び交っていますし、服装にしても民族色が豊かです。

複数の宗教、文化、習慣が混在しているのでお互いの立場を尊重し、服装のマナーやルールをきっちりと守って生活していることが分かります。

観光に行ってみれば分かりますが、いくら暑くてもマレーシアでは肌の露出が多い服装はタブー視されます。

イスラム関連の施設に入る場合には服装コードが有ることを知っておきましょう。

その他、公衆トイレとティッシュは有料、人さし指で人を示さない、など注意すべき点がいろいろとあります。

観光でさえ複数の制限にとまどうことがあるのですから、居住をして仕事をするとなると、毎日我慢できるのかという見極めが大きなポイントになります。

いよいよ準備が整えば、求人情報をリサーチして企業情報をチェックしていく事になります。
マレーシア求人ガイド:マレーシアで働くならまずココからのサイトはとても参考になるので活用してみてください。