マレーシアで生活する日本人が抑えておきたい医療事情と保険

東南アジア諸国で長期的に滞在するとなると、特に気になるのが怪我や病気をしたときにきちんとした治療を受けられるかどうかということではないでしょうか。

あまり医療事情が良くないというイメージを抱かれている方が多いことでしょう。

ただし、マレーシアならば心配は要りません。

シンガポールと並んでマレーシアの医療事情は非常に進んでおり、近隣のアジア諸国で治療しきれない患者さんがいた場合には、ヘリコプターでマレーシアまで搬送されてくることもあります。

また、その他の東南アジアに住まわれているという日本人が、会社の健康診断を受けるためにマレーシアの病院に訪れることもあります。

マレーシアの民族には中華系の方々も非常に多いので教育熱心な家庭が多いですし、さらにイギリスの植民地だったという歴史もあり英語が常に使われているために、名門大学やその分校、附属校もたくさんあります。

そのため、もともとの教育水準が高いので、医療に関心を持つ方の数も多いというわけなのです。

日本人向けのクリニックも増えておりますから、医師や看護師などが日本語が使えるというだけではなく、日本人のドクターが常勤している医療機関もあり、言葉の不安を感じるという方はそういったところにかかるのも良いでしょう。

ただ、こうした日本人向けだったり、外国人が多く訪れる大きい病院はちょっとしたことでも医療費が高額になってしまいますから、必ず保険に入っておくようにしましょう。