マレーシアペラ州の州都であるイポーの魅力と生活環境

マレーシアでのお住まいを考えたときに、クアラルンプールだとあまり日本と変わらない感覚になってしまいそうだから、その他の場所を検討していきたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大都市の一つでありながらも、高層ビルは無く空気も水もキレイな魅力的な街としてイポーが挙げられます。

首都クアラルンプールからですと、南北高速道路でおよそ200キロメートルほど北に位置しているペラ州の州都です。

イポーの人口の七割が中国系の住民であり、非常におっとりとした方が多く、都会とは違うスローライフが基本です。観光に訪れてからこの雰囲気が気に入り移住をするという日本人もたくさんいるのです。

もしもご家族で一緒にマレーシアに来られるというのであれば、イポーにはたくさんのインターナショナルスクールがありますので、教育関係には特に問題はないでしょう。

イポーは都会と比べて物価が安いということも魅力の一つであり、居住費や教育費をかなり抑えられます。

たとえば、ご家族四人で生活をしていたとしても、生活費は大体十万円程度を想定していれば十分だったりもするのです。

また、かつて英国植民地だった時代に建てられた建築物が今も残っており、鉄道駅や町役場などとして使われています。貴重な建物が多く残っていますから、歴史も感じることが出来る素敵な街なのです。

そして、点心や飲茶などを中心とした食の面でも有名であり、イポーの水で作った料理は美味しくなると言われていたりもします。