マレーシアでは日本人の英語が通じやすい、思い切って話をしよう

マレーシアでの就職や転職をするのであれば、必ずしも高いレベルの英語力が必要であるというわけではありません。

コールセンター業務などでしたら、話をするお客様は日本人ですので現地での仕事は日本語しか使わないということがほとんどなのです。

そのため、英語が得意でない方も安心してマレーシアでの仕事にチャレンジすることが出来ます。

マレーシア人にとっての母国語はマレーシア語ではありますが、さまざまな人種の居る他民族国家のマレーシアは、英語も公用語の一つとなっており、ほとんどの方がご自身の民族で用いられている母国語の他に英語を話すことが出来ます。

英語が母国語ではないので、しっかりとした英語を話せなくても問題はないのです。

マレーシア人特有の英語の訛りというのもあり、これは日本人の発音に近いため、違和感なく聞き取りやすかったりもするのです。

文法もきちんと正しい順序で使えていない方も多いですから、キレイな英語を使おうとしなくても中学レベルの英語やカタカタ発音でも十分理解してくれます。

英語が苦手だから…と引け目を感じていて、せっかくマレーシアにいるのに使わないでいると英語力は伸びませんから、たとえ間違ったとしてもどんどん使っていくことをオススメします。

また、マレーシアで仕事をしながら、仕事終わりや休日などにしっかりした英語を学びたいという方は、英国系語学学校などに通って本格的な英語を学ぶというのも良いでしょう。日本で語学学校に入学するよりも学費も抑えられます。