スーパーやコンビニもあるマレーシアの普段の買い物で使えるお店

日本ですと、日常的な買い物をする際にはスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどを利用されている方が多いかと思いますが、マレーシアの都市部にも同様にたくさんの店舗がありますから、同じような感覚で使うことが出来るかと思います。

野菜や果物、水産物、お肉、その他にもレトルト食品や日用品など、日本のスーパーマーケットと同じような品揃えになっています。

日本から輸入されたものも販売されている店舗もありますが、そういったものは税金がかかっていますから、日本で購入するよりも2倍から3倍程度割高になっています。

特徴的なのが、イスラム教徒が多いマレーシアなので、豚肉を食べない方々に配慮して、豚肉をお店の目立たない場所で売っているということが挙げられます。

お肉売り場のハラールコーナーでは、牛肉や鶏肉、羊の肉などが並んでおり、少し離れた場所にあるノンハラールコーナーでは、豚肉や豚肉を使った調味料、食材などが売られているのです。

そしてコンビニエンスストアでは、お菓子やカップ麺、お弁当などがあったり、ドリンクバーがあったりして、日本と同じく気軽に24時間利用することが可能です。

また、イスラム教徒はお酒を飲むことが出来ませんが、アルコール類を扱っているコンビニエンスストアもあります。

イスラム教徒へのお酒の販売は禁止されておりますが、我々日本人を始め外国人だったり、イスラム教徒以外の方は普通に購入することが出来ます。